健康・医学

  1. ちょ

    アルコール、お薬、増粘剤を始めとした食品添加物などの物質を酵素で分解し、無毒化する活動を解毒(げどく)と称しており、肝臓の果たしている大事な仕事のひとつだということは間違いありません。

  2. Mステ ウルトラ観覧のやつさ

    いんきんたむし(陰金田虫)は20~30代の比較的若い男性に多い傾向があって、ほとんどの場合は股間の周囲だけに広がり、激しく身体を動かしたり、お風呂に入った後など全身が温まると強い掻痒感を招きます。

  3. 高校受験とか魔剤かもやから☺️

    「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人体の中の脂肪が占める度合いのことであり、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という計算式によって算出することができます。

  4. 広島繁華街、薬研堀に受付所を持つ店舗

    吐血と喀血はいずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に続いている気道(呼吸器…respiratory system)から出血する状態で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上の消化管から血が出ることを表しています。

  5. 【久喜市安全・安心メール】

    抗酸菌の結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことによって内気の中に撒かれ、空気中にふわふわしているのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことによって次々に感染します。バイ菌やウィルスなど病気を招く病原微生物が肺へ潜り込んで発症し、肺自体が炎症反応を起こした境遇を「肺炎」と総称しています。

ページ上部へ戻る