健康・医学

  1. ん?目が、赤いって?…ははっ

    期外収縮は、特に病気ではなくても現れることがあるので重大なトラブルとは限りませんが、例外として発作が次々と起きる場合は危険だといえるでしょう。

  2. ふれあい東大阪コミュニティニュース誌は

    既に永久歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうほど拡大してしまった歯周病は、悲しいことに症状自体が治まることはあっても、無くなった骨が元通りに戻るようなことはまずありません。

  3. いま歯医者から帰ってきたお

    基礎代謝(BM)とは人間が動かなくても燃えてしまう熱量であり、5割以上を身体中の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使うということはまだ広くは知られていません。

  4. ホームページでの集客はMEOも必要

    不整脈の中でも期外収縮は、健康体にも起こることがあるため難しい重病とは限らないのですが、発作が数回立て続けに出る場合は危ない状態です。臓器である前立腺は成長や働きにアンドロゲンがとても密接に関わっていて、前立腺のガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの作用で大きく成長します。

  5. 北京市のスモッグに

    緊張型頭痛というのは肩こりや首凝り、張りによる肩凝り頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強い痛み」「頭が重苦しいような頭痛」と言い表されることが多いようです。

ページ上部へ戻る