ブログ

ハーバード医大(HMS)の

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは輪状、
要は輪っかのような円い形状をした紅い色の湿疹や鱗屑など、
皮膚症状の総合的な名前ですが、
その素因はまさしくいろいろだといえるでしょう。


脚気(かっけ)の症状としては、
手や足が無感覚になったり脚の著しいむくみなどが代表的で、
進行してしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を齎すことがあるそうです。


心筋梗塞というのは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まってしまい、
血液の流れが途絶えて、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、
筋繊維自体が機能しなくなるという大変危険な病気です。


生殖器である前立腺はその成長や働きに雄性ホルモン(男性ホルモン)が大変深く関わり、
前立腺にできてしまった癌も同じく、
アンドロゲン(雄性ホルモン)の作用を受けて肥大化してしまいます。


今、若年層で長期間咳が続く結核(けっかく)の抵抗力、
すなわち免疫力の弱い人々が増加したことや、
受診が遅れることが誘因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染の発生頻度が高いようです。


「ストレス」というのは、「なくすもの」「排除しなければいけない」と考えがちですが、
実のところ、私たち人間は様々な種類のストレスを感じているからこそ、
活動することに耐えられます。


「肝機能の悪化」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、
γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値によって知ることができますが、
ここ数年間で肝機能が衰えている日本人が増加傾向にあるとのことです。


体脂肪量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、
体重が飲み食いや排尿等で短時間で増減する際は、
体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage)は低下し、
体重が減ったら体脂肪率が高くなるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る